Photoshopを勉強する前に知っておくこと「視覚を操るのが真のデザイナー」

まず人間は、

人の形をした脳みそが歩いていると考えて下さい。

つまり物事の決断、行動、判断はすべて脳みそが
決めているのです。

そしてその90%が視覚によって判断されています。

そもそも人間は動物と同じ自分の生存に関わることを
目で見分けて生きてきました。

獲物はどこにいるのか、
敵か味方か、
植物の実は食べごろか、
雨は降りそうか、
嵐は来そうか、

目で見て判断し、

さらに形のない神を伝えるために
イメージしたものを絵や彫刻などでビジュアル化し
人々に大きな影響を与えてきました。

視覚を操るということは、大きな力をもつことと同じです。

なぜなら視覚によって人は決断、行動、考え方を変えさせ
てしまうことができるからです。

あなたはカッコいいセンスのいいと思った
独りよがりのビジュアルに固執していませんか?

それはなんら人々の心を動かすことはできない、
一円にもならないものです。

もしあなたが稼げるクリエイターを目指すのであれば、
人に見せるのではなく、

脳に見せるということを心がけて下さい。

「脳に見せる」です。

では脳に見せるビジュアルとはどんなものか。

無意識にアピールするということです。

人間には「意識の状態」と「無意識の状態」の
2つがあります。

普段人間は意識しているたったの5%しか
脳みそを働かせていません。

残りの95%は休憩している無意識の状態です。

ですが、この休憩している無意識の脳が
人の行動や決断を左右する重要な役割をもっています。

例えば朝の通勤電車の中吊り広告で
ビールの広告があったとします。

1つ目は、ビールグラスに注がれたビール。
2つ目は、美女がもっているビール。

どちらが目を引くでしょうか?

もちろん美女ですよね。

ビールに興味がなくても男なら本能的に見てしまいます。

でもそのときは美女に興味があるだけでビールを買いたい
と思うわけではありません。

ですが、仕事帰りになにげにスーパーへ立ち寄ったとき、
ビールの棚を目にすると無意識の脳が発動します。

「ビールといえばあの子が持っているあれだな・・」

と無意識に広告の商品を手にとってしまうのです。

これが広告の効果であり
無意識の中に溶け込ませるような仕掛けをしてるのです。

参考にしてみてください。

 

コメントを残す