動画制作

顔出しせずにパソコンだけで動画をつくる方法

動画初心者の第一歩は『プレゼン型動画』

あなたはインターネットで動画コンテンツをつくるのを難しと感じていませんか?

・カメラ機材を揃えるのにお金がかかる
・難しそうな編集ソフト
・そもそも動画に出るのは恥ずかしい
・自分の顔を世間にさらけ出したくない

動画をまだ作ったことがないあなたはこのような抵抗をもっているのではないでしょうか。

はっきりいいますが、その問題すべてクリアです。

カメラで撮影する必要もなく、
簡単な編集で、
顔出しすることなく、
パソコンだけでつくれてしまう、

「プレゼン型動画」

というタイプの動画を知ってますか?

これはプレゼンテーション用資料作成ソフトのKeynoteやPowerPointを使った動画のことです。

このタイプの動画なら撮影技術も映像の専門知識も全く必要はありません。

普通にパソコンさえ使えれば誰でも簡単にできます。

もし動画制作に少しでも興味があるならばまずはこのプレゼン型動画をつくってみることを最初の一歩としてオススメします。

プレゼン動画で必要なもの

必要なものはパソコン、プレゼンソフト、動画編集ソフト、外付けマイクの4つ。

パソコンはMacでもWindowsでも問題ありません。

私がオススメするのはMac。付属のKeynoteというプレゼンソフトがアニメーションが豊富についていて動画制作にとても向いています。

 

動画編集ソフトはMacであれば初心者向けのiMovie、WindowsであればMovie Makerでもできます。

ですが私がオススメするのはCamtasia(カムタジア)

 

伝えるためのアニメーション機能が豊富で使い勝手もよく非常に優れた編集ソフトです。使ってみるととすぐに理解できる簡単なソフトですので有料ですが持っておくべきものです。

外付けマイクは様々な種類がありますので予算次第ということです。

ちなみに私が使っているのは、SANWA SUPPLYのUSBマイク。2千円ぐらいの安いマイクですが問題なくきれいな音を収録することができます。

以上のものを揃えることができればすぐにでもプレゼン型動画をつくることができます。

 

ネット集客は動画が主流

動画はインターネット集客ツールとして欠かせないものになりました。

なぜならブログ記事メルマガ記事といった文字を読むより動画の方が、楽に素早く理解できるからです。

人は便利で楽な方に流れていきますので動画の流れは今後も益々加速していきます。

その例として、

現在でもSNS利用者で圧倒的なのは「YouTube」です。

 

4大マスメディア時代のときも圧倒的だったのは「テレビ」でした。

今も昔も動画が一番であることは代わりありません。

ですのでもしあなたが「動画は苦手でやれない・・」というのであれば、それは「注目されない看板をつくりたい」と言っているようなものです。

何れにせよ動画をやらなければ大した集客はできないということです。

そして動画は苦手だと思っている方こそプレゼン型動画の制作をオススメします。それができることで集客の幅が広がり、ファンをつくることだって夢ではありません。

是非挑戦してみてください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。