レイヤーマスク

レイヤーマスク

レイヤーマスクとは元画像を壊さずに擬似的に切り抜いてくれるというものです。

例えば元画像に対して直接消しゴムツールなどで消してしまうと、元画像は変更されて元には戻せなくなってしまいます。

そんなときにレイヤーマスクを利用すると元画像の代わりにレイヤーマスクが擬似的に表示したり非表示にしたりすることができます。

では、この画像にレイヤーマスクを追加します。

レイヤーマスクはレイヤーパレットの下にある「日の丸のマーク」。

これをクリックするとレイヤーサムネイルの横に、レイヤーマスクが追加されます。こを「レイヤーマスクサムネイル」といいます。

現在は真っ白になっていますよね。これも実はアルファチャンネルと同じで白が表示、黒が非表示という識別をします。現在は真っ白ですので元画像すべて表示されているということになります。

では、ブラシツールを使って描画色を黒で非表示にしたい、または消したい部分をペイントします。

ここで注意しなければいけないのが、レイヤーパレットの中のレイヤーマスクサムネイルが選択されていることです。間違えてレイヤーサムネイルを選んでいると、描画色で塗りつぶすことになってしまうので確認してから作業しましょうね。

レイヤーマスクで塗りつぶしたところはアルファチャンネルとして随時保存されていくので、何度でもやり直しをして納得がいくまで作業を行うことができます。これが元画像とレイヤーマスクとの大きな違いです。

最後にレイヤーマスクサムネイルを、MacはOptionキーWinはAltキー押しながらクリックすると、マスク表示に切り替えることができます。

最終確認として、まだ塗りきれていないムラのある部分を探し塗りつぶして完成です。元の表示に戻したい場合はレイヤーサムネイルをクリックしましょう。

ということでレイヤーマスクは切り抜きによく使うとても便利な機能ですので是非マスターしてくださいね!

関連記事

  1. テキストデザイン

    Photoshopでイラストが飛び出したような文字の作り方の解説

    何気ない文字でもちょっと工夫するだけでこのようなデザインを作ることがで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。