チュートリアル

色調補正の基本part1(レベル補正、トーンカーブ、色相/彩度) 

写真の色や明るさを補正するにはイメージメニューの「色調補正」を使います。

中を見ると沢山あってどれをどう使えばよいのか悩んでしまいそうですが、本当に重要なのはレベル補正、トーンカーブ、色相/彩度です。この3つを覚えておくとよいでしょう。

人間の目は色よりも明るさに敏感です。ですので補正をするときは、最初に明るさを補正し、その後に色を補正する。という順番で行います。

この順番を間違うと何度も補正を繰り返し、そのたびに画質が劣化していくので色調補正をする場合はこの順番は基本として覚えておいてください。

関連記事

  1. チュートリアル

    描画モード&合成結果早見表

    どうも、サンペー先生です。描画モードは作者の表現を豊かにするとても重…

  2. 色調補正

    色調補正の基本Part2(ヒストグラム)

    まずはヒストグラムの見方を覚えましょう。メニューから「ヒストグラム…

  3. チュートリアル

    調整レイヤーとは?

    どうも、サンペー先生です。調整レイヤーを使うと素早い修正が可能とな…

  4. クリッピングマスク

    クリッピングマスクPart2

    クリッピングマスクとは、ひとつのレイヤーに対して効果をかけたい場合に使…

  5. チュートリアル

    塗りつぶしと調整レイヤー

    Photoshopには「塗りつぶし」と「べた塗り」という同じような機能…

  6. チュートリアル

    色調補正の基本Part3(レベル補正/トーンカーブ)

    「レベル補正」と「トーンカーブ」はどちらも明るさと色を補正する機能を持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。