色調補正の基本Part3(レベル補正/トーンカーブ)

「レベル補正」と「トーンカーブ」はどちらも明るさと色を補正する機能を持っています。

どちらを使っても構いませんが、トーンカーブの方が階調を滑らかに処理してくれるので、ディテールを気にするのであればトーンカーブをお勧めします。

では補正が必要な3つの写真を「レベル補正」と「トーンカーブ」両方の操作とヒストグラムをまとめましたので、下の画像を参照してください。

コツとしては、三角スライダをグラフの山の始まりまで持っていくことです。

補正後のヒストグラムに沢山の縦線が出ていますが、これはピクセルが減っている・・すなわち画質が劣化しているという意味になります。

つまり何度も工程を踏んでしまうような補正作業はしないように心がけていきましょう。

コメントを残す