商業デザイン

チラシの作り方⑩〜画像配置のコツ〜

写真は必ず良いものを使うこと

写真も食べ物と同じです。素材が腐っていたらどんなに調理しても美味しくありません。

きちんと照明が当たりピントが合っているきれいなものを素材として使いましょう。

もし撮影が苦手であれば、プロのカメラマンにお願いするかフリー画像サイトで画像を購入するようにしましょう。

メイン画像(写真)は大きくする

チラシの作り方⑨でお伝えしましたが、一番伝えたいメインの写真は大きく余白からはみ出すことでより美しい仕上がりとなります。

アピールを強くするには人の笑顔が一番!

広告画像で一番関心が高いと言われているのは人物の表情です。喜怒哀楽と様々な表情がありますが、その中でも「笑顔」が一番売り上げがあがると言われています。

例えばこういった食べ物でPRするよりも

子供の表情を入れることで売り上げ効果アップに繋がる可能性は高くなるかもしれませんね。

 

お客様にイメージさせる

広告を見てほしいお客さんに対して、「こうではありませんか?」とか「こうなりたくはありませんか?」といったイメージさせる画像を選ぶのがとても重要です。

それにより「あなたのための広告ですよ」と強く訴える事ができます。

人物の目線に注意

人物の写真を使うのに目線というものがあります。キャッチコピーの方向に人物が向いていると、お客様はその目線に誘導されてキャッチコピーに注目してくれます。

 

画像配置まとめ

・写真は必ず良いものを使うこと
・メイン画像(写真)は大きくする
・アピールを強くするには人の笑顔が一番!
・お客様にイメージさせる
・人物の目線に注意

 

参考にしてくださいね!

関連記事

  1. 商業デザイン

    チラシの作り方③〜原稿作成編〜

    計画性もなくいきなりデザインをしてしまうと、足りなかったり付け…

  2. 商業デザイン

    チラシの作り方①〜初心者がデザインを失敗する理由〜

    ホームページ、チラシ、ポスター、ダイレクトメールなどデザイナーでは…

  3. 商業デザイン

    チラシの作り方⑨〜余白・揃え〜

    デザインをするときメインとなる画像や文字ばかりに気を取られがちです…

  4. 商業デザイン

    チラシの作り方⑧〜フォント〜

    フォントには沢山の種類があります。初心者の方がよくやってしまうのは、沢…

  5. 商業デザイン

    チラシの作り方④〜ワイヤーフレーム編〜

    ワイヤーフレームとは「デザインする前の構成または設計図」のこと…

  6. 商業デザイン

    チラシの作り方⑤〜ジャンプ率〜

    広告を読んでもらうためには最初の一瞬の見た目が重要になってきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。