商業デザイン

チラシの作り方④〜ワイヤーフレーム編〜

ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは「デザインする前の構成または設計図」のことです。

このように画像を入れる場所、文字を配置して大枠を作っていきます。

ワイヤーフレームの3つのメリット

・デザインの時間が短縮される(後は肉付けするだけ)
・計画性のある基本構造(シンプルに)
・読みやすいわかりやすいデザインになる(すっきりさせる)

デザインの骨格をここではっきりと決めていきます。

ワイヤーフレーム作成のポイント

・文章構造を明確にする

3秒で読みたいと思わせることできるか?
チラシは3秒で判断され、Webは1.5秒で判断されると考えておくようにしましょう。

・ブロックを組む
文章をブロック化することで読みやすくなります。

文章を箱の中に収めるようにしっかり配置しましょう。
・お客様と会話をする
文字情報の順番が自然になっているか、漏れがないか、自然な会話になっているかを意識しましょう。

「こんなお悩みではありませんか?」
「そうそう、悩んでるよ」
「これをすれば解決しますよ」
「え?ほんとに?どうしてそれをするの?」
「・・・だから・・なんです」
「ホントかなあ・・」
「みなさんも試してこんなことを言っていますよ」
「へえ・・そうなんだ。もっと詳しく教えて?」

といったようにチラシがお客様と自然な会話ができているか、順を追ってフレームワークを確認してみましょう。

うまく会話がつながっていれば後はデザイン作業に入るだけです。

関連記事

  1. 商業デザイン

    チラシの作り方②〜お客様にとっての価値をデザインする〜

    デザインというと、美しくきれいなものを作らなきゃ・・というイメ…

  2. 商業デザイン

    チラシの作り方⑨〜余白・揃え〜

    デザインをするときメインとなる画像や文字ばかりに気を取られがちです…

  3. 商業デザイン

    チラシの作り方①〜初心者がデザインを失敗する理由〜

    ホームページ、チラシ、ポスター、ダイレクトメールなどデザイナーでは…

  4. 商業デザイン

    チラシの作り方⑦〜色使い〜

    初心者がデザインを失敗しないしないようにするためにはこの5つの原則を守…

  5. 商業デザイン

    チラシの作り方⑩〜画像配置のコツ〜

    写真も食べ物と同じです。素材が腐っていたらどんなに調理しても美味し…

  6. 商業デザイン

    チラシの作り方⑤〜ジャンプ率〜

    広告を読んでもらうためには最初の一瞬の見た目が重要になってきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。